酵素の主な効果 > 酵素が足りなくなる理由

酵素が足りなくなるのはなぜ?

酵素が足りなくなる理由

人間が生きていく上で欠かせない成分である酵素。私たちの体の中にある酵素は年齢ともに減ってしまうため、食事や酵素サプリメントで補う必要があります。

ではなぜ酵素は減ってしまうのでしょうか。また酵素が不足する理由についても考えてみましょう。

酵素の量は決まっている

これまで体内にある消化酵素・代謝酵素は酵素の原料を食事などから摂っていれば、どんどん体内で作られていくものだと考えられていました。

しかし最近になって栄養学の研究が進み、人間が一生に作ることのできる潜在酵素の量は決まっているということが分かってきたのです。また作りだすことのできる酵素の量は人によってそれぞれ異なるといわれています。

酵素が足りなくなるとどうなるの?

体の中の酵素が減ってしまうと、消化・代謝・排泄などの活動がスムーズに行われなくなってしまいます。

消化活動が衰えると食事から摂る栄養がうまく吸収されなくなります。また代謝が衰えると太りやすくなったり、肌の老化につながります。女性に多い便秘も酵素不足からくる排泄機能の低下と考えることができます。酵素サプリで酵素を補うことでこれらの機能低下を防ぐ効果が期待できるのです。